今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

骨折な日々②

 

こんにちは。

 

骨折してから3週間経ち、病院で診てもらいました。午前中の整形外科は混んでいます。軽く1時間は待ちます。

 

診察室に呼ばれて先生を待っていると、診察前に撮った私のX線写真が。

まじまじと見ていると、なんか、治っているっぽい。

先生が来て、手首を触ったり押したりねじったりしました。

「おっ、すごい、ねじっても痛くないのね。順調です。もうギプス外してもいいかな」

「いい感じですか?」

「いい感じですよ」

ということで、手首の骨はくっつき始めているらしく、先生も喜んでいるみたいでした。

骨折が治っても、手首がうまく動かなくなっていることもあるそうで、そうなると長いリハビリ治療が必要になります。

 

私の場合は、骨折してすぐに治療を始めたのがよかったと先生の分析。

 

夜寝るときだけギプスをして、それ以外はサポーターで保護することになりました。

やった、やっとこれで両手で楽器が弾ける🙌

運動はどうかしらと先生に質問。

「腕立て伏せはしません。こういうのはやってもいいですか?」 と、ボディコンバットのパンチの真似をしてみました。

「ダメです」 

「あ、本当のボクシングではなくて、シャドウです。エアです。空気です」  

「う~ん、今手首の骨はとても弱くなっていて、部分的に骨粗鬆症になっているんですよ。だから強く衝撃を与えると簡単に折れます。でも全く使わないでいるともっと弱くなるので、まあ、シャドウボクシングくらいならいいかな」

やった、これでボディコンバットもできる。ホクホク。

 

「でも今の状態で本当のボクシングをやったら確実に指の骨も折れます。いるんだよね、ボクサーで、そうやってまた骨折する人。で、コケたとかいろいろ言い訳するんだけど、わかるから」

「バレちゃうんですね」

「うん、バレます。だから、くれぐれも強い衝撃は与えないように」

 

と、いうわけで、ボディコンバットとボディアタックは大丈夫そうです。

ボディバランスとボディパンプは骨が完全に戻る半年後までお預けです。

 

牛乳大好きで、毎日ガブガブ飲んでるのかよかったのかしらと、

「牛乳とかたくさん飲むのって効果あるんですか?」と質問。

「ありますよ、飲んだ方がいいです」 

牛乳好きには嬉しいお言葉ですわ。

あまり飲み過ぎるとコレステロール上がりそうですが。

 

ちょうど次の日が楽器のレッスンで、今度の発表会で演奏するアンサンブルの初合わせをすることになっていたので、右手が使えるようになってヤレヤレです。

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
 にほんブログ村