今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

あなたの回りにどうしようもない人っています?

 

こんにちは。

 

私が結婚して子育て中にパートで働いた会社は、それまでは知らなかったガテン系の中小企業でした。

そういう会社には新卒なんて来ませんし、ほぼ全員転職組で、それはそれはいろんな人がやって来ては辞めていきました。

いろいろと問題のある人も多かったですが、ひとり、筋金入りのポンコツがいました。

 

社長の息子です。

社長には息子が3人いて、長男はそれなりにしっかり育ったのでおそらく跡を継ぐのでしょうが、次男は残念ながらポンコツに育ってしまいました。

親の会社に入って、ヒラ社員を何年かやったあと、課長さんになったのですが、なにかをやらかしたらしく、会社からいなくなってしまったのです。

その辺の事情はあまりよく聞いていないのですが、何年か音信不通になっていたようです。

東日本大震災のボランティアをしていたという噂もありますが...

そうしてある日関西の実家に帰ってきたのですが、それから家に閉じ籠ってプータローになりました。親は働かせようといろいろ試みたようですが上手くいかず、考えあぐねた挙げ句、私の勤めていた東京の支店にその息子を押し付けてきたのです。

しかもその時の本社からの申し伝え事項が、「ここ何年かの記憶を失っている」でした。

んなわけねーだろ!と職場はあきれるやら失笑やらでひと盛り上がりしましたけどね。

 

いざ働き始めると、いかにも体は弱そうなのですが、1年に何回もインフルエンザにかかったり、体がもたないから夜勤はしないとか、緊急案件にはなんだかんだ言い訳をして行きたがらなかったり、もうやりたい放題で、「いない方がマシ」状態になってしまいました。

 

支店長もやってられないと一度本社に彼を返したのですが、なんと送り返されてきました(笑)

誰も面倒を見たくないんですね。

 

彼は月に1度、パパとママのいる実家に帰省しますが、その交通費もこっちの支店持ちです。40半ばのいい年したオッサンですよ。

ママは、彼が東京で働いていると聞いていたく喜んでいるそうです。

 

パパが社長で金銭的に問題がないなら、もうポンコツを引き取って家で死ぬまで面倒を見てあげればいいんじゃないしょうか。

責任ある仕事は任せられないし、お荷物でしかないのです。

 

取り柄があるとしたら親が会社を経営していることでしょうか。見た目もお世辞にも女の子に好かれるタイプではなく、結婚するのも無理そうです。

もしかしたら発達障害かなにかがあるのかもしれません。でも、やはり親に甘やかされた代償はかなり大きそうです。

 

社長の息子でなければとっくに辞めているでしょうし、そもそも雇わないでしょうね。

 

あの会社で働かなかったら、おそらくここまでダメな人にはあわなかっただろうなあ。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
 にほんブログ村