今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

あなたの回りにどうしようもない人っています?その2

 

こんにちは。

 

自分のことを棚に上げてなんですが、まだいます、どうしようもない人。

 

今度は会長の孫です。

会長が、その孫のことを「病院で取り違えたんじゃない」って言っていて、そりゃ相当だなあと思いました。

父親は東大卒で母親は普通レベルの大学、息子(その孫の兄)は早○田の理工です。

誰に似たのかわからないというのは頭のレベルの話ですね。

 

その孫は今年大学3年で、今年の6月頃、就活をしていました。

大学は文系のみの私立で、経済学部です。

本人は金融系を志望していました。ここのところ銀行系は人気ががた落ちで、人手不足もあって、そんなに就活は大変ではないと思うんですけどね。

でも大手はことごとく断られ、信用金庫に志望を変えていました。

 

その信用金庫は、うちの会社の取引先でもあったので、おばあちゃん(会長)を通して職場見学をさせてもらうことになりました。

でも、ぐずぐずしてなかなか動かず、結局エントリーシートを出してから連絡を取って見学しました。

順番が逆じゃない?

エントリーシートを出して、すでにお断り決定だったら見学する意味ないと思うのですが。

 

見学する当日、おばあちゃんに会いにその孫娘が会社にやって来ました。立ち上がって挨拶したのですが、挨拶はするものの全く私と目を合わせようとしません。

典型的な内弁慶な子なんだなと思いました。

いい年して挨拶もできないのかあ。。。これはヤバいかも、と思いましたよ。

 

でもおばあちゃんには大声で言いたい放題です。

おばあちゃんのコネでここの信用金庫に入れてもらえないの?とか。

たしかにおばあちゃんは会社のオーナーで会長でお金持ちすが、孫をコネで入社させるほどのお金はありません。

会長も、「自分の子どもなら叱るけど、孫だし恨まれるのはゴメンだからあの子は放っている」と言っていて、言いたい放題の孫娘にはとりあえずご機嫌を損ねないように接しています。

 

会長が言うには、「やればできる子」なんだそうです。「やればできる子」=「何もやらない子」ですね。

 

普通、祖父母というのは聞かなくても孫自慢を始めるものですが、会長はそういうことは全く言いません。ピアノがそこそこ弾けるとか、字が上手とか、キツいバイトを頑張っているとか、文章が上手いとか、なにかスポーツを頑張ったとか、そういう誉めるポイントがほとんどなさそうなのです。

 

親は小さい頃いろんなことをさせたようですが、続かなかったのでしょう。

もちろん家事全般もできない。

そのくせ独り暮らしがしたいと家出を繰り返しているそうです。

彼氏もおらず、結婚する雰囲気もない。

 

前回の記事で書いた社長の次男と共通点が多いです。取り柄は、おばあちゃんが会社を経営していておばあちゃんがお金持ち、だけです。

 

この子も、小さい頃に努力したり頑張ったりして何かをつかみとるという経験をしてこなかったんだと思います。

できないと親がすぐに手を貸してきたので、なんとかなると世の中をなめているのでしょう。

もともとの我の強い性格と相まって、どうしようもない人間に育ってしまいました。

親に甘やかされて育つということが、将来その子にどれほどダメージを与えるか、よくわかります。

20歳を過ぎてしまうと修正は難しそうです。

おばあちゃんの遺産で一生食っていけるように早めに手を打っておいた方がいいと思います。

 

会長は、私がいつも娘のことを「わがままで親の言うことをきかない」と、自嘲して言っているのを真に受けて、「うちの孫といっしょね」とおっしゃってますが、うちの子と一緒にしないでねと心の中で呟いています。

一浪して、頑張って、行きたかった国立大に合格しました。バイトをしながら、授業はすべて出世して(理系なので)、一人暮らしをしています。

あなたの孫娘とは全然違うんですよ~(笑)

 

あれから就活がどうなったのかは全く聞いていません。あの信用金庫には断られたと思います。

私が雇う側なら絶対に雇いたくないです。

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
 にほんブログ村